カテゴリーアーカイブ 水素水サーバー

著者:suisosui22

水素水サーバーの特徴

水素水サーバーとは、ウォーターサーバーのようなものです。ウォーターサーバーとの違いは、水素水サーバーはウォーターサーバーに比べて水に水素が豊富に含まれていることです。水素とは原子量1の小さな物質です。水素には抗酸化作用があり、老化の原因といわれる活性酸素に対応をしてくれます。活性酸素は、シミ、シワ、くすみなど肌の大敵です。そのため、美肌を意識する女性に注目されています。

水素水サーバーは、もともと水の中に水素を含んだものを提供するのではなく、サーバー内で水素を発生させています。

水素の発生方法にはいくつかありますが、水素水サーバーの多くが採用している方法が電極直接接触式です。電極直接接触式とは、電極を直接水に触れさせて電気分解をする方法のことです。水はH2Oです。電気分解をするとH2(水素)とO2(酸素)に分かれます。発生した酸素は排泄し、水素は水に溶け込ませることで水素水が完成します。

電極が直接水に触れると電極の金属が水に溶ける心配があります。このような問題を解消したものが、気体過飽和式です。サーバーの水に直接電極を触れないようにしているので、電極金属が水に溶けだす心配がありません。

水素水サーバーのよいところは、いつでも水素を含む水を飲めることです。水素は水から抜けやすく、作って時間が経つと普通の水になっていることがあります。ペットボトルは水素が抜けやすい容器で、ペットボトル入り水素水は水素がほとんど含まれていない可能性があります。アルミパウチの場合は水素を比較的長く保持できますが、開封後はすぐに飲み切らないと水素が抜け出てしまいます。それに対して水素水サーバーなら、いつでも水素を作れるためいつでも水素を含んだ水を飲むことができます。

サーバーのタイプはメーカーによって違いますが、一般的なウォーターサーバーに水素水キットを取り付けるだけで利用できるタイプが登場しています。手軽に水素水サーバーを利用できます。